スマホを拾っただけなのに




こんにちは!シナヒコです。

なにやら令和が始まりましたね。
同時にシナヒコの連休は終わりました。
本日から仕事始まり。
ん?連休っていうよりかは普通に丸一日休みが2回あったのか。
なんだただの日常か。

史上初の10日連休は初日から東海へ出張してました。
出張から東京に帰って来てオフィスで残務をこなしたタイミングで(ほぼ)同期とパイセンと後輩とタイミング重なって乾杯へ。
コナン好きの後輩にコナン好きという事がバレて、飲み会の後半は周り置いてきぼりにしながらコナントーク。
いやぁ、盛り上がった! 笑
後日ちゃんぴゅーハウスで鑑賞会しましょ。

スマホを拾っただけなのに・・・

いつもと変わらず仕事をこなして(本来休みの日だからオフィスも静かですごく捗った!)
上機嫌でキャリーケースを転がしながらいつもの帰り道、
ふと、道端に落ちている観たことあるサイズの黒い筐体が目に入ってくる。
よくよく目を凝らすと紛れもなくスマホ。まごう事なきスマホ。
拾い上げてみると画面に若干のヒビが入っており、バッテリー切れで画面は点灯せず。
親切心から
「あ、スマホ落ちてる。駅前の交番に届けなきゃ。んでも、キャリー持ってくの面倒だから一旦家に帰ってから酔い冷ましがてらにするか」
ほろ酔いの頭で考えたこの選択が、平成最後の日に訪れた始まった長い長い夜の始まりだった・・・

10m先に落ちてた謎のユニフォーム

「一旦家にキャリーを置いてから交番に届けに行こう。」
スマホを拾ったそう思い歩みを進めた10歩後、道路脇の草むらに違和感が。

暗くてよく見えないけど、間違いなく人型。
頭をこっちに向けて、下半身しか見えない。
ピクリとも動かない。
でも、血の匂いや腐臭はしない。
好奇心と恐怖心を渦巻かせながら人型に近づく。

目視できる距離まで近づいてみると、人ではなくウィンドブレーカー。
さっきのスマホとも関連があるのかと思い、拾い上げてみる。
朝○新聞と大きくプリントされていて、「これさすがに落とさんだろー」と独り言ちて
おもむろに丸めた時、ポケットから何かが滑り落ちる。
見るとネームタグのプラスチックケースに入った免許証だった。
落とし主の住所は大泉学園。落とし場所からすげー近所ってわけでもないが生活圏外という距離でもない。
(おいおい、マジで事件かこれ。)
裏返すと交通安全のお守りも一緒に入ってる。
(失踪か?遺棄か?殺人か?イタズラか?)
あらゆる可能性を考えながらキャリーを戻すためにアパートの階段を登る。
2階建て2階の一番奥の部屋なのでこの廊下の先には誰もいない。
連休最中だからなのか、近所の窓にも灯りは灯っていない。

鍵を開けて、キャリーとカバンを玄関へ置いて扉を閉める。
間違いなく鍵をかけて階段を降りようとすると、ふと、どこかから視線を感じる。
(気のせいか・・・?まぁ、襲いかかってきてもなんとかなるだろ)
拾ったスマホ、ウィンドブレーカーを片手に、シナヒコは交番を目指した。

え、それ拾っちゃったんですか?マジっすか?

スマホとウィンドブレーカーを拾った場所に他にも何か落ちてないか(気分は事件現場のコナンくん 笑)
注意深く草むらを観察しながら線路沿いの道を駅前の交番へ。
途中落ちてた靴下と靴の中敷は・・・無視しちゃって良いよね?
下り電車の踏切待ちをしていると、目に入る○日新聞の集配所。
灯りはついてる。
先日話した図書館殺人事件がなんとなくリフレイン。

【中古】青山 剛昌 名探偵コナン 第10巻 【中古】afb
created by Rinker
(これ届けたら鉄パイプ持った津川さんみたいな人出てくるのかな・・・。いっそ先に交番かな・・・)
とか思いながら通り過ぎようとしたらまさにそのタイミングで一台の原チャが駐輪場に滑り込んできた。

シナヒコが手に持っているウィンドブレーカーと全く同じデザインのそれを着ているお兄ちゃんが荷台から牛乳瓶を下ろしている。
ふと、こちらに気づき「どうかしたんスか?」と訪ねてくる。
すんごい大きな声で。
(え、この時間にそんな声で路上で話すか?)とか思いながらウィンドブレーカーを拾った旨を伝えるとお兄ちゃん青ざめて固まる。

兄ちゃん
え・・・?拾っ・・・た・・・んスか?その・・・ウィンドブレーカーを?ち、ちょっと待ってください。・・・責任者に電話しますから
と、左手に巻いた林檎時計をなにやら操作して相手を呼び出す。
(もしかして本当に事件か?目暮警部とかおっちゃんとか呼んだ方がいいか?)と逡巡していると電話がつながったようで
兄ちゃん
あのォ、うちのユニ拾ったって方が集配所来ていただいてるんスけど岡本さん今どこスか?出てこれます?
岡本さん
え、いまタクシーで駅向かってるけど、そうだなぁ、あと5分くらいだなぁ
兄ちゃん
わっかりやした。待ってまーす。ハイハーイ、お疲れ様でーす。
(どっちも声デケェ。うちのそばならクレームもんだな)とは言えず、やりとりを黙って見守る。
岡本さんを待つ間、兄ちゃんが説明してくれた内容だと
・曰く、先日この集配所で一悶着あった
・曰く、ある人物のユニフォームと免許証がなくなった
・曰く、その件で結構もめた(支店内会議で喧々諤々の事態)
・曰く、「僕が見つけました」ってなると自作自演っぽくなってしまうので第三者であるシナヒコに岡本さんに事情を説明してほしい
とのことだった。
シナヒコ
(お。交番より先にこっち来て正解だったフラグかも)分かりました。何かあった時って証人必要ですもんねぇ。時間あるんで大丈夫です。それにしても連休までお仕事大変ですねぇ
兄ちゃん
助かります。もうまもなく到着すると思うんですいませんがお待ちください
5分後、寝ぼけ眼で到着した岡本さんに拾った経緯を伝え、「後日何かお礼の品を持っていきますので」と言われたので名前と住所をメモして手渡す。
(よくよく考えたら電話番号必要じゃなかったか?まぁ、お礼目的でもないからいいか。近所だからどこかで会うこともあるだろうし)
と、ひとまず失踪でも殺人でもなさそうなので集配所を後にして本来の目的地交番へ。

え、所有権欲しいんですか?マジっすか?

駅前の交番に「ごめんください」と堂々と入るシナヒコに焦る若いお巡りさん。

お巡りさん
ど、どうかしましたか?(なぜか慌てふためく)
シナヒコ
???スマホを拾ったので届けに来ました
お巡りさん
(ホッとした表情で)し、少々お待ちください、何点か書類に記入をお願いします
そういって、おまわりさんは休憩室に上がり、なにやらA4の裏紙を半分にして束ねているメモを差し出して来た。
(え、書類ってこれに書くの?)とはおくびにも出さず、拾ったもの、場所、氏名、住所、電話番号をメモにサラサラと書いていく。
一通り書き終えたところで、今度はバインダーに挟まった用紙を指し示しながら
名前
こちら、落とし主が見つかった際に所有権を申請する権利がありますがどうしますか?
シナヒコ
(用紙の上にある氏名や住所記入欄を見なかったことにして)え?所有権申請する権利あるんですか?貰います
シナヒコ
(というか、取得物に関するルール変わって、免許証とかケータイとか、個人情報が他人に知られる可能性のあるものは取得物の申請対象外って知らないのか?このお巡りさん)
お巡りさん
え、スマホの所有権ですよ?欲しいんですか?
シナヒコ
(自分から聞いておいてなに言ってんだこの人?どっちみち取得物の価値の5%~20%相当だろうし)欲しいです。申請します。
お巡りさん
・・・そうしましたら、こちらにレ点を、それとこことここを読んでいただいて・・・
と、ぎこちないながらも取得物を届けた書類の記入が終わり、特に控えも何も持たされないまま交番を出るとさっきの朝日○聞の兄ちゃんが交番前でこっちを見ていた。
兄ちゃん
あの、さっきはありがとうございました。岡本さんなんだか寝ぼけてたみたいでちょっと不安なんで、改めてこちらに名前と住所と、電話番号書いてもらっても良いですか?
シナヒコ
(やっぱこの時代に電話番号必要だよな)分かりました。ついでに名刺渡しておきます。何かあったらいつでも連絡ください。
兄ちゃん
ありがとうございます。それでは、改めて助かりました。後日必ずお礼の品持って伺います。それでは!
と、お巡りさんが何事かと交番から出ていくくらい大きな声で爽やかに挨拶をかまして颯爽と去って行った。
自宅に戻り、念のため周囲をよく観察してからドアノブに手をかける。
鍵は、かかってる。
ドアを開けて、家に入るとさっき荷物を置いた時とさして変わらない室内。
残念ながら犯人の犯沢さんは潜んでなかった。

翌日、振り返るとそこには

朝から掃除・洗濯をこなし、久しぶりの休日に昼間から映画を観ながらビールをかましていると
突然インターホンが鳴る。
覗き窓から見るとそこには朝日新○のユニフォームを着た見知らぬ男性。
(令和初日に新聞の勧誘か?中々凸ってくるじゃねーか!)
と、来訪者が誰なのか予想をつけつつもスマホに関わる人物がわざわざコスプレして口封じにきた可能性を考えて、チェーンロックをしたまま扉を開ける。

お兄さん
あのぅ、先日はユニフォーム拾っていただいてありがとうございました。すごく助かりました。それで、これ、ほんのお礼です。本当にありがとうございました
と、皇室御用達のなんたらを手土産に訪ねてきた腰の低いお兄さん。
シナヒコ
いえいえ、落とし主が見つかったようで何よりです。こちら、ありがたく頂戴します
と、当たり障りないお礼をしていただいたお菓子を一人では食べきれないので誰かちゃんぴゅーハウス遊びに来たついでに食べましょ。

と、一連のやりとりのためにポーズしていた映画を再開して20分。今度はスマホに着信が。
(来客に電話に、令和初日からせわしないな・・・)と画面を見ると03番号。
amaz○nでも職場でも宅配でもなんでもない。
ハンズフリーにして受話ボタンを押すと「上石神井駅前交番の者ですが、シナヒコさんですか?」と。

シナヒコ
(やべ、何かやらかしたかな)はい、シナヒコです。何か事件ですか?協力できることであればお手伝いするので言ってください
お巡りさん
(ちょっと間があってから)昨日スマホを届けていただいた交番の者です。あの、実は昨日書いていただいた書類の説明に関しまして不備がありまして・・・
お巡りさん
スマートフォンや免許証など、個人情報に関わるものは所有権の申請ができず、その物品の価値の5%〜20%相当での申請となるんです。
シナヒコ
(そりゃそうだ。てかこの人知らなかったんだ・・・)そうですか。それでしたらそのように申請を訂正しておいてください。ちなみに、僕が取得物を届けたという事実を証明する手段って何かあるんですか?このままだとなんかこう口約束的な感じであやふやになりそうなんですが
お巡りさん
(ちょっと嫌そうな間をおいて)あの、おっしゃる通りでして、昨日申請書の写しをお渡ししなければいけなかったんですが、何もお渡ししないままで・・・。よければシナヒコさんのご自宅に郵送という形でも良いですかね?
シナヒコ
(案に取りに来いってことか?)ええ、郵送で構わないので送ってください。落とし主が見つかると良いですね。
お巡りさん
では、送らせていただきます。ありがとうございました。
・・・電話を終えた後、背後に視線を感じたシナヒコはゆっくりベ自室の扉を開けてベランダに歩み寄った。
先日人口敷き詰めた自慢のベランダに。
いつもと変わらない日常であれば、そこにはプランターに植えた家庭菜園用のサニーレタスが太陽に向かって伸びているはずだった。
だが、この日ばかりはなぜか、全ての葉っぱの向きが・・・・・・!!!

と、この物語はここでお終い。
果たして落とし主は現れるのか。所有権に代わる何かは3ヶ月後に手に入るのか。
そもそもなんたらの控えはうちに届くのか。
その頃までにシナヒコの腹筋は割れているのか。

coming sooooooon!!
その時また会いましょー

ちゃんぴゅー

スポンサーリンク