ブログを開設したら設定すべき5つの事。




こんにちは!シナヒコです。

ブログを立ち上げたけども何をしていいか分からない。
そういった悩みを抱えている人も多いはず。
そんなあなたもこれを読めば最初の一歩を踏み出せます。
むしろ、第一歩を踏み出すための中身です。
どうぞ、参考にしてください。
右足を出したら次は左足。そうすれば自然に前に進めます。

ドメインを購入して、
サーバーのレンタルをして、
WordPressをインストールして、
ついにあなたのブログが産声を上げました!
とはいえ、まだまだ何をしたらよいか分からない・・・
そんなあなたに、「最初にこれをすると良いですよ」というポイントを分かりやすく解説します。

まず、大きく分けて3つの手順が必要です。

  • WordPressの初期設定
  • プラグインのダウンロードと設定
  • 各種ツールとの連携

その中でも今回は、wordPressの初期設定について解説します。

ブログを安全に運営していくためには、
ドメインを取得してサーバーを借りてwordpressをインストールしただけではだめなんです。
「まだやることがあるの?」と思われるがちですが、ここまで来ればもう一息です。
言うなれば、

サーバーレンタル→土地を買う
ドメイン決める→住所決める
wordpressインストールする→家のデザインを選ぶための道具を揃える
今日やること→ご近所さんへの挨拶をする

のイメージです。
楽しくやっていきましょー!

全部で5つの行程がありますが、一つ一つは特別難しい操作は無いです。
下記の説明を元に順序よくやっていけばあまり悩まずに出来ます。

ブログを立ち上げたら最初にするべき5つの初期設定

WordPressのインストール、ログインができたら最初にやるべき初期設定は以下の5つです。
これらの設定は安全にブログ運営をする上では欠かすことのできないものなので、忘れずに設定しましょう。

  • 1:テンプレート(テーマ)をダウンロード
  • 2:一般設定
  • 3:パーマリンクの設定
  • 4:コメント欄の非表示設定
  • 5:画像の自動生成の停止

見慣れない単語が出てきて???になるかもしれませんが、
設定方法は簡単なので一つずつやっていきましょう。

前置きが長くなりましたが初期設定に入っていきます。
文字で書くと長くなりますが、全部で30分くらいで完了しちゃいますので、サクッとやっちゃいましょう!

1:テンプレート(テーマ)を導入

wordpressのテーマはいわば、“家の外見”です。
戸建てが好きな人もいれば、マンションが好きな人もいます。
最近だとツリーハウスやコンテナハウス、デザイナーマンションなど、様々な外見をした家がありますが、皆さんそれぞれ好みがあるでしょう。

せっかく家を建てるなら、好きなデザインにしたいですよね?
なので、WordPressをインストールしたらテンプレート(テーマ)を導入しましょう。
これでぐっと自分のブログに愛着がわきます。

簡単に説明すると、
テンプレートとはブログ運営上、デザインや設定、表示される機能まで反映されるものです。
新居を選ぶ際、風呂トイレ別、ロフト付き、南向き、システムキッチンなど、皆さんこだわりがありますよね?

wordpressのテーマには無料と有料のものがあり、最近は無料のものでもそこそこ使いやすいものも増えています。
とはいえ、使いやすさやデザインのスタイリッシュさなどは有料テーマにかないません。

そもそもSEO的に有利なのと、有料な分デザインもオシャレだったりカスタマイズもしやすいんです。
無料にはない設定も多いです。
ちなみにこのブログは”OPEN CAGE”の”ハミングバード”というテーマを使っています。
他にも”スワロー”や”アルバトロス”、”ストーク”など、それぞれユーザーの希望に添ったテーマが用意されています。
ぜひ、好きな物を選んでみてください。

OPEN CAGEのオフィシャルサイトはこちら↓


テンプレートのインストール方法

※有料のテーマを購入した体で進めます。

・ダッシュボードの「外観」→「テーマ」をクリック。

・テーマ画面が開いたら、赤枠の”新規追加”をクリック。

※無料のテーマから選びたい方は”注目”や”人気”など、タブごとに様々なテーマが並んでいるので気に入った物を選ぶと良いでしょう。
ただ、先ほども書きましたが、有料のテーマに比べて使い勝手に物足りなさを感じるかも知れません。
初期投資と考えて、有料のテーマを購入しておくのも一つの手です。

せっかく長く使うんですから、いい物を、ね? 笑

・続いて「テーマのアップロード」をクリック。

ここにダウンロードしたテンプレートのzipファイルを持ってきます。
(※ダウンロードしたzipファイルは解凍せずそのまま使用します。)

ドロップするでも、ファイルを選択でも可。
「今すぐインストール」をクリックするとインストールが始まります(1~2分程度)
インストールが完了したら「有効化」をクリック。

これでサイトを表示させてみて、トップページが該当のテンプレートのデザインに変わっていればOKです。
これで設定完了です。今日やりたいことの1/5が出来ました!
この調子でどんどん進みましょう!

2:一般設定

続けてサイトのタイトルとキャッチフレーズの設定です。

実はこの2つは、WordPressをインストールする際にすでに設定してます

その時に「適当に決めてしまった(汗)」な方はここで改めて設定しましょう。

サイトタイトルとキャッチコピー

・ダッシュボードから設定→一般の順にクリック。

一般設定の画面が表示されます。
ここには既にサイトのタイトルとキャッチコピーが入力されています。

・入力したら画面を下にスクロールして変更を保存してください。

2/5が完了しました!どうですか?順調ですか?あと3行程です!
この調子で進めていきましょう!

3:パーマリンクの設定

続けてパーマリンクの設定です。
WordPressを開設した時見落としがちですが重要な設定です。必ず設定しておきましょう。

パーマリンクとは、記事ごとに表示されるURLのことで、
各記事に割り当てられるアドレスのことです。
この記事だったら
https://ebitabi.xyz/biginner/blog_start/
です。

要するに「https://ドメイン名/設定で決められる部分」と表示され、
この表示は、設定で選べます。

※初期段階で設定しておかないままブログを更新し始めてから途中で変更しようとすると、
それまで書いた記事を遡って様々な設定が必要なのはもちろん、
検索結果にも影響が出て色んな意味で大変なことになります。

SEOに強いパーマリンクとは?

パーマリンクは一言で言えば「ただのURL」なのですが、SEO的に評価が高いものが存在します。
(※SEOとは・・・Search Engine Optimizationの略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。
検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことをSEO対策といいます)

せっかく書いた記事ですから、より多くの人に読んでいただきたいですよね?
その、人目に付くために設定することが今回の目的です。

(定かではありませんが)
Googleが提供しているURLの構造についての文書から判断すると、

・意味のあるシンプルな単語であること

・人間が見て論理的に意味のわかるもの

一般的にはこの2点を満たしたものが最も適していると言われています。

例えばこの記事のパーマリンクで比較すると、
・デフォルト:https://ebitabi.xyz/?p=123/
・設定(カスタム)後:https://ebitabi.xyz/biginner/blog_start/

どうでしょう?デフォルトのままだと記事の内容が分かりませんが、
設定後は“ビギナー”、”ブログ”、”スタート”の単語から何となく記事内容が推測できます。

設定も簡単ですので、初期設定の段階からSEOに強いパーマリンクにすることをオススメします。

初期のパーマリンク設定方法

・ダッシュボードから「設定」→「パーマリンク」をクリック。

パーマリンク設定の画面が展開されますので、URLのカスタマイズをします。

選べるパーマリンクの種類はこんな感じです。

  • 基本:記事のID
  • 日付と投稿名:年/月/日/タイトル名
  • 月と投稿名:月/タイトル名
  • 数字ベース:記事のカウント数
  • 投稿名:タイトル名
  • カスタム構造:自由に付けられる

この中で最もSEO効果の高いものは「カスタム構造」です。
・「カスタム構造」にチェックを入れたら入力欄に/%postname%と打ち込んで変更を保存をクリックしてください。
(下に並んでいるタブから好きな物を選んでもOKです。)

これで初期設定は終了です。(よっぽどのことがない限り、今後パーマリンク設定のページをいじることはありません)
今後は記事を投稿するときに毎回パーマリンクを設定していきますが、投稿する際に設定できます。

これでコメントの非表示設定は終了です!これで3/5完了です!ここから後半戦!

4:コメント欄の非表示設定

ぶっちゃけ、コメント欄を設置する必要は無いです。
ユーザーの声が聞きたいならお問い合わせフォームを作って、自分宛に質問を送ってもらう方法をとりましょう。
(とはいえこのブログでは問い合わせフォームを設置していないのですが 笑)

そうでないと、ブログ記事に対してのコメントもそうですが、スパムコメントが多く集まってしまいます。
いちいちチェックをするのも大変ですし、最初から非表示にしておく事で、匿名の声に惑わされないで済みます。
本当にコメントや問合せがある方はお問い合わせフォームから連絡をくれるので、コメント欄はなくても問題ありません。

コメントの非表示の設定方法はとても簡単です。

・ダッシュボードの「設定」→「ディスカッション」をクリック。

・ディスカッション設定で「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外して「変更を保存」をクリック。

コメントの非表示設定はたったこれだけです。
勘の良い人だとここまでで10分、
PC操作が苦手な人でも20分くらいじゃないでしょうか。
気づいたら4/5が完了!あと1行程!あと少し、がんばれー!!

画像の自動生成の停止

WordPressにはアップロードした画像を自動的に色々なサイズに生成する自動生成機能があります。
これはこれで便利なのですが、同じ画像ってそんなにサイズあっても使わないですよね?
実は、デフォルトのままだと1つの画像に対して最低でも4つのサイズが自動生成されます。

4つ画像があっても結局サイトに使うのは(たぶん)一つだけですし、この自動生成は停止しておきましょう 笑

・まずはダッシュボードの「設定」→「メディア」をクリック。

・画像の自動生成サイズを設定ができますので全ての項目を”0″に変更。

・入力ができたら「変更を保存」をクリックで終了!

以上でベースとなる初期設定は完了です。

まとめ

ここまでお疲れさまでした!
どうですか?30分ほどでいけましたか?

こうして一つずつ設定していくと、ものすごく愛着がわきます。

順番が前後しますが、そもそもドメインの購入、サーバーのレンタルについても書きますね。
(時間作って)
オススメプラグインや各種ツールの設定もアップする予定ですので、気長にお待ちください。
慣れないうちは「なんのこっちゃ?」なことがたくさんあって面倒かもしれませんが、
一つ一つ丁寧に設定していけば実はシンプルです。
その分ものすごく奥深いです。

ちゃんぴゅー

スポンサーリンク