このマンガがアツい!2019年に読んだら良いと思う漫画3選




ちゃんぴゅー!シナヒコです。
昔っから本を読むのが好きで、小学生の頃の図書室の自由時間はひたすら国語辞典を眺めていました。
なんて言うんだろう。。。日本語が好き?であってるのかな。
自分一人の人生だけでは味わえない経験を、漫画や小説の主人公を介す事によっていくつもの人生体験をできるなんて素敵じゃないですか!

と、いうことで今回は2019年にシナヒコがオススメするコミックス3選です。
※この3選はいずれも完結してません。
また、シナヒコのパーソナルが大きく反映されているので人によってはストライクゾーンを外れていますが、
そこはご愛嬌。得手不得手、好み苦手は人それぞれです。
それではどうぞ。

BLUE GIANT

はいー出ましたBLUE GIANT。

BLUE GIANT1〜10巻(日本編)と、BLUE GIANT SUPREME1〜7巻(海外編)が既刊。まだまだ続きます。
「え?初耳」っていう人も多いかも。んでも、「岳 みんなの山」を書いていた作者って言ったらイメージつく人も多いのでは?
(シナヒコ界隈ではだいぶ人気です。新刊が出ると高校生の昼休みかのごとく回し読みしてます 笑)

※ちなみに岳は2011年には主演:小栗旬さんで映画化もされました。
(漫画の実写化は賛否両論あると思います。ちなみに僕は観ていません。なので、映画の想像は観た方に一任します)

BLUE GIANTは、宮城県仙台市出身の主人公「宮本 大(ミヤモト ダイ)」(当時高校生)が将来なにをしたいのか分からず学生生活を送っていたある日、
偶然聞いたジャズの曲に興味をひかれ、初めてのライブハウスでのジャズ演奏を目の当たりにしてプロのサックスプレーヤーを目指す物語。
4巻途中までは仙台市でのストーリーだけど、それ以降は東京での話。
仙台で修行して、テナーサックス片手にいざ東京へ。そこで出会う人々と、すれ違う人々。果たして大はプロになれるのか。

JAZZをテーマにした本格派漫画。

音を漫画で表すって初めは想像つかなかったけど想像以上に鳥肌モンです。
全体的にセリフは少なめ、パラパラ読めるかと思いきや、ところどころにヒューマンドラマが散りばめられていて、毎巻胸が熱くなります。
各巻末にある、大がこれまで出会った人たちの大との思い出話もいい感じに味がでてます。
対象は高校生以上かな。んで、とくに田舎出身で世界を目指すって人にはすごく響くんじゃ無いかな。

薬屋のひとりごと

元々は「小説家になろう」で原作が書かれていたライトノベルのコミカライズ版。
※コミカライズはビッグガンガンとサンデーGXからそれぞれされていて、今回進めるのはビッグガンガンver.
※2019年3月時点で4巻まで発売中。

舞台は後宮。

花街で薬師をしていた主人公(ヒロイン?)が人さらいに遭い後宮の下女として働き始めるところから始まって、
自身が持つ好奇心と知識とほんの少しの正義感のおかげで(災いして?)ひょんなことがきっかけで後宮で起きる事件に関わってしまい、
下女から次女へと立場が変わり、そこでの日常を描いた漫画。
舞台が現代じゃないっていうのが、余計なこと考えないで読めるってポイントかな。

後宮の話なので登場人物はほとんど女性なんだけど、イラストの可愛さと原作の再現性がマッチしてすごくシナヒコ好みの作品。
ストーリーも、「サクッと読める」よりかは「理解するために少し考える」よりで、頭を使う点もgoodです。
主人公の毒気が良いスパイス。

ランウェイで笑って

これは、ほんっとーーーーに衝撃の作品!

2017年5月からマガジンで連載開始。
※2019年3月時点で9巻まで発売中。

何がすごいって、作者の猪ノ谷言葉(いのやことば)さんのデビュー作
しかも漫画業界でも珍しいファッションがテーマ。しかも少年誌。
え?ファッション?てなる人もいるかもだけど、中身はまさに少年漫画の王道。
7巻〜9巻にかけてのファッションショーは本当に展開が熱くて、感極まって涙。

コミックスだから表紙以外白黒なんだけど、色のイメージが自然と浮かび上がってくるくらい鮮やかなトーン使い。
ファッションに興味ない人でも、ストーリーの仕立てがすごく緻密で、
キャラクター一人一人の個性が際立ってるから全体像もイメージしやすい。
常に続きを読みたくなる漫画。

“夢を諦めない”

身長158cmしかない千雪(ちゆき)はパリコレモデルを目指すが、モデルとして致命的な低身長ゆえに周囲からは「諦めろ」という否定ばかり。
母子家庭で育った育人(いくと)は、病に倒れた母と3人の妹を養うために高校卒業後は就職すると心に決めるが、ファッションデザイナーの夢は捨てきれない。
周りの大人や環境に「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢をってひた走る2人の物語。
この漫画はアニメ化よりも実写化してほしい。
漫画だけどすごく現実離れしているわけでも無いから、自分自身と照らし合わせて感情移入できるんじゃないかな。

・マンガ大賞2018/6位
・次にくるマンガ大賞2018コミックス部門/12位

これ、ほんっとーに今年きますよ。
ドラマになって主題歌をタイアップとかしたら幸せすぎて鼻血出そうだな。。。

今、MOROHAがアツイ!この時代だからこそ聞いてほしい!

2017.11.23

2019年、読んでおいて損はない

冒頭でも書きましたが、絵の感じとかストーリー展開とか好みは人それぞれです。
が、この三作品は面白いです。
BLUE GIANTとランウェイで笑っては2019年もっと露出が増える予想なので、今のうちに知っておくといいですよ。
飲み会とかで話題になったら盛り上がると思う。
薬屋のひとりごとは大衆向けというよりかは好きな人は好きって分類かな。んでも、面白い。(なんたって絵が可愛い)
最近はネットでも試し読みできるので、気になる方は下記からどーぞ。
BLUE GIANT
薬屋のひとりごと
ランウェイで笑って

ちゃんぴゅー

スポンサーリンク